トップ フットサルガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

フットサルガイドフットサルを始めよう > フットサルの特徴(2)

フットサルの特徴(2)

フットサルの特徴(2)の画像

フットサルはサッカーに比較して、はるかに小さなピッチで競技を行います。

サッカーはプレーする選手が11人で多人数でチームを作るスポーツの代表的なスポーツです。

対してフットサルのチームは5人しかいません。

もちろんピッチが小さいのでサッカーのような大人数がピッチに入れば大混乱が起こるでしょう。

しかしピッチの中にゴールキーパーをのぞくと4人しかいない状態というのは、非常に選手にとっては過酷な状態です。

狭いピッチの中を常に駆け回っているという状態です。

一度でもフットサルをしたことのある人なら、フットサルがどれほどの瞬発力と持久力という相反する要素を要求するかを身を以て知っているはずです。

フットサルをしたことがない人なら、バスケットボールの試合を思い出してもらってもいいでしょう。

バスケットボールのコートもそれほど広くはありませんが、そのコート内を選手は縦横無尽に走り回ります。

フットサルもちょうどあんな状態だと考えてもらえば良いでしょう。

そこには休息というものはあありません。

時折、ピッチの中をゆっくりと歩いて移動する選手を見かけることもあるサッカーとは大きく違います。

もちろんサッカーは広いピッチを走り回らなければなりませんから、フットサルよりも楽というわけではありません。

しかし一瞬のスピードはサッカーよりもフットサルの方が、より求められる局面は多いでしょう。

それを反映してフットサルでは交代は何人でも自由です。

ピッチ内の5人とベンチの交代要員(最大7人)がいつでも入れ替わることができます。

それに対してサッカーはアウトオブプレーのときに審判の承認を得て交代は3人までと定められています。

ただし親善試合などの場合には、より多くの交代が認められる場合も多いようです。

試合時間に関してもサッカーは45分の前後半、計90分で競います。

またその時間の計測の仕方はランニングタイムとなります。

対してフットサルでは試合時間は20分ハーフ、その計り方はプレーイングタイムとなります。

ですからハーフタイムが20分と言ってもハーフが20分で終わってしまうわけでは必ずしもありません。

フットサルガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 尾形米穀店 山形県山形市宮町4丁目24−3 電話023-622-4243

今日のお勧め記事 ⇒ フットサルの特徴(1)

フットサルの特徴を見て行くために、サッカーと比較してみましょう。 サッカーよりコートが狭いことや、プレーする選手の人数が少ないことはすぐに分かりますね。 フットサルには、今でも少しローカルルールを採用している国もありますが、ここでは統一のルールに沿って見ていくことにしましょう。 まずピッチの大きさを見てみましょう。 ピッチとは試合を行うコートのことをいいます。 芝のピッチには人工芝や自然芝のピッチがありますが、フットサルではどちらも禁じられています。 ピッチの表面は、サッカ

フットサルガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。