トップ フットサルガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

フットサルガイドフットサルのルールと戦術 > サッカーとの違い

サッカーとの違い

サッカーとの違いの画像

先にも見たようにサッカーとフットサルにはルール上、違いがたくさんあります。

よく似たスポーツでもありますし、全く違うスポーツの様でもあります。

ただサッカーのこともあまり知らず、フットサルのことも知らない人が見れば、小さなコートでやっているサッカーというように理解するかもしれません。

サッカーとフットサルの戦術を大きく変える要素になっているのが、フットサルにはサッカーのようなオフサイドルールがないということです。

サッカーの場合には、攻撃側がむやみに有利にならないように、敵のデフェンスのよりゴール側で待ち構える形は禁じられています。

これがすなわちオフサイドです。

サッカーの試合を観戦していると、よくオフサイドトラップという言葉がでてきます。

これは攻撃を受けているときに、攻撃側がわざとオフサイドを犯しやすくすることで、オフサイドを取り、自身側のボールとするというものです。

この代表的な戦術がフラット3といわれる日本代表が昔採用していたデフェンスの戦術です。

日本の代表選手が3人、水平に並んで前後に走る姿を今も覚えている方も多いのではないでしょうか?

フラット3は世界的に見ても非常に珍しい戦術ですが、サッカーの世界ではこうした独特の戦術がとられることも珍しくはありません。

また大きな世界的な大会で優勝したチームの戦術はすぐに他チームにも取り入れられます。

そのため戦術にも流行が生まれるのです。

非常に守備を堅固にする戦術が世界的にとりいれられたこともありますし、現在では細かなパスを回しながら攻撃的にプレーするスタイルが主流になりつつあります。

一方、フットサルでは、サッカーほどには豊富な戦術が生み出されるわけではありません。

これはピッチが小さく、動きが早いため、戦術が生まれる余地がサッカーほどにはないということ、さらにはサッカーに比較して、チームプレーよりも個人プレーが得点に大きく影響するといったことが考えられます。

フットサルガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 青柳米店 新潟県加茂市小橋1丁目4−15 電話0256-52-0797

今日のお勧め記事 ⇒ フットサルの歴史

フットサルはサッカーの盛んな国では必ずと言っても良いほどプレーされています。 サッカーは世界で最もプレー人口の多いスポーツと言われますが、当然、フットサルを行う国も人もたいへん多いということになります。 フットサルの歴史を辿ると、その起源にはふたつのサッカーの亜種スポーツが影響を与えていることが伺えます。 まずひとつは南米を中心に広まった「サロンフットボール」といわれるフットボールです。 この「サロンフットボール」は弾まないボールを利用して行うことが大きな特徴です。 そして

フットサルガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。